授与品

ちまき守り

検見川神社では、毎年四月一日より「ちまき守り」を授与しております。「ちまき守り」には「蘇民将来之子孫也」と記した護符がついており、門口または玄関に懸け一年間の疫病・災難除のしるしとしてお祀りします。ご家庭にこの「ちまき守」をお祀りし、検見川大明神様の御加護を賜り、病気や災禍災厄、罪けがれをお祓いいたしましょう。

御神水御守

境内にある御神水に由縁する御守。検見川神社の御神水は、諸々の災禍災厄を取り除き、運勢を吉兆の方向へと導き守護されていく御利益があるといわれております。
この御神水御守をお受けになり、検見川大明神様の御神徳をいただかれますように。

八方除御守

検見川大明神様の御神徳であります「八方除」の御守。「八方除」とは、地相・家相・方 位・日柄・歳まわり・風水等に基づく森羅万象全ての災禍災厄を取り除き、人々を清々しい気の流れに立還らせ運勢を良くするものです。八方除御守をお受けになり、悪縁を断ち切り、幸福を招きましょう。

桐箱入り御守(安産成就、病気平癒)

桐箱に入った御守。安産成就と病気平癒の二種類がございます。いずれも枕元に置いてお祀りください。桐箱を、安産成就では臍の緒入れとして、また病気平癒ではお薬入れとしてお使いください。検見川大明神様の御神徳により心身ともに健やかに毎日を暮らせますように。

この他にもたくさんのお守りがございます。ぜひ神社へお越しになってご覧ください。
尚、インターネットでのお守りの授与は行っておりません。予めご了承ください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする