検見川神社 年末年始祭礼ご報告

こんにちは。

本年も早や小正月を過ぎ検見川神社社頭も平素の状態に戻りつつあります。

天候にも恵まれ、例年をはるかに越える初詣の皆様にご来社頂きました。

この場を借りて御礼申し上げます。

行き届かぬ点も多々あったかと思います。反省・修正を重ねてより良い環境で

御参詣頂けるよう、職員一同努力してまいります。

以下、大晦日から1月14日どんと祭までの祭典記録です。

【師走大祓式】

12月31日午後2時より

半年に一度行われる知らず知らず身に付いたケガレを祓う神事。

とくに12月の師走大祓は一年の集大成となる祓であり、この神事で祓を修めて新年に臨みます。

【八方除祭並びに元旦祈願祭】

1月1日午前0時より

新年午前零時に斎行される一番祈願。

境内でははだか祭の行者とともに新年のカウントダウンが行われました。

【どんと祭 古神札焼納神事】

1月14日午後4時45分より

氏子崇敬者の持ち寄った古神札をお焚き上げし、お正月の神様を

お送りする神事。

また、よく15日は小正月であり、ご神前には成餅(なりもち)と呼ばれる

紅白の餅が飾られます。

【成餅】

除災招福の縁起物。

本年も宜しくお願い致します。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする