神前結婚式

当社では御神前において古式に則りおふたりの末永きご多幸と弥栄を祈り、夫婦の契りを交わす伝統的な結婚の儀式を厳粛に執り行っております。

神前式の流れ

修祓(しゅばつ)

これから神前にて婚儀の神事を執り行うにあたり、ご新郎、ご新婦並びにご参列の皆様の御祓いを行います。

祝詞奏上(のりとそうじょう)

斎主が祝詞を奏上し、お二人の結婚を検見川大明神に申し上げ、末永い幸福を祈ります。

神楽奉奏(しんぜんかぐらほうそう)

お二人の慶事を祝し、検見川大明神に神楽舞を奉納いたします。

奉納後、新郎新婦を始めご参列の皆様に福を授ける鈴祓を行います。

三献の儀(さんこんのぎ)

神前に供えた御神酒で、新郎新婦が巫女の介添えによって夫婦固めの盃を酌み交わします。

指輪交換の儀(ゆびわこうかのぎ)

結婚指輪を新郎から新婦へ、つづいて新婦から新郎へ贈ります。

誓詞奏上(ちかいのことばそうじょう)

新郎新婦が神前に進み、夫婦の契りを誓い検見川大明神に奏上します。

玉串奉奠(たまぐしほうてん)

先ず、新郎新婦が神前に進み、感謝と祈りを込めて玉串を奉り、二拝二拍手一拝の作法で神前に拝礼します。

次に、ご両家の代表が神前に進み、感謝と祈りを込めて玉串を奉り、二拝二拍手一拝の作法で神前に拝礼します。ご参列の皆様は代表の方に合わせて拝礼します。

親族盃の儀(しんぞくはいのぎ)

両家の親族一同が御神酒をいただき、新郎新婦を祝福し、両家の親族固めの盃を交わします。

納めに斎主より御挨拶申し上げ神事を取り納め申し上げます。

詳しくは 043-273-0101 へお問い合わせください。

挙式プラン 祝言

について担当者が詳しくご案内致します。