新嘗祭並びに物品奉納奉告祭

こんにちは。

今月23日の勤労感謝の日、午前10時から新嘗祭(にいなめさい)が斎行されました。

新嘗祭は検見川神社で行われる3つの大祭のうちのひとつで一年間の五穀豊穣、収穫安寧に

感謝を捧げるお祭りです。

【宮司祝詞奏上】

当日は多くの御来賓・篤志家・崇敬者の参列の下、厳粛裡に祭典が挙行されました。

宮司は赤い袍(ほう)をまとい、冠を被る正服という正式装束で奉仕します。

【献饌】

神前には多くの新米・御神酒が奉献されました。

ご奉納頂きました皆様には衷心より感謝申し上げます。

新嘗祭は全国の神社で行われ、宮中の賢所(かしこどころ)でも同日夜に斎行されています。

【巫女舞奉納】

本年は豊栄(とよさか)の舞が奉奏されました。

「明けの雲分けうらうらと 豊栄登る朝日子(あさひこ)を

神の御影と拝(おろ)がめば その日その日の尊しや」

「地(つち)にこぼれし草の実の 芽生えて伸びて美(うるわ)しく

春秋飾る花見れば 神の恵みの尊しや」

全てのみなもと太陽を拝む、

五穀・草花を愛でる、

新嘗祭に相応しい歌詞です。

ひと日ひと日境内では秋が暮れていきます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする